FC2ブログ
気になるぴょこぴょこ
::生後30日目::
Ryoはよく鼻をスピスピ鳴らしています。
原因は鼻詰まり。
鼻の穴を覗き込むと白っぽい鼻水のかたまりがぴょこぴょこしてます。
気になるのでベビー綿棒で取ってやろうとするのですが、
Ryoはもちろんすんなり鼻掃除させてくれるわけもなく。
だいたい、入口を軽く拭って終了になります…(*_*)
そんななか一昨日の沐浴時、顔を拭いていたらうっかり鼻に水が入りRyo大泣き(>_<)
沐浴は大暴れで大変になったのだけど、気になっていたかたまりが鼻からぴょこんと出てきた!!
は~すっきり!…水が入ったのはわざとではないですよ~
しかし、今日の授乳時また鼻がスピスピしているのに気がつく。
鼻を覗き込むと…新顔さんがぴょこぴょこしてました…
赤ちゃんは新陳代謝が良いからね…
スポンサーサイト



お盆休みです。
[生後24日]

お父さんがやってきています。
はじめての親子3人生活。
川の字で寝ています。

頭痛が治らないのでブログ更新はたまにしかできません・・・。
しばらくは大事をとりますね。

Image1731.jpg
ぐずぐずタイムとらんらんタイム
[生後19日]

Ryoは日に日にぷくぷくしてきました。
産まれた直後は足も手もしわしわでしたが、
いまや二の腕と太ももがむっちむち
お顔もほっぺたが立派になってきて素敵な二重あごです
生後1ヶ月の間に1kgくらい体重が増える子が多いみたい。
自分の体重の三分の一、1ヶ月で増えるって・・・すごい成長ですねぇ。
毎日表情にも変化があって、成長が感じられます。

さてさて、Ryoの今の生活リズムは・・・
おっぱい→うんちorおしっこ(andが多いか・・・)→ねんね
が基本スタイルなのですが、
これに加えて「ぐずぐずタイム」「らんらんタイム」があります。
どちらもねんねしないでおきているときの様子です。
ぐずぐずタイム:何をやっても泣き止まないとき。抱っこしても暴れたり。授乳、おむつ替えなどが頻繁にしているときなどもずっと泣きっぱななし。
らんらんタイム:超ご機嫌なとき。一人で目をきらきらさせて(らんらんとしているから・・・)お布団に横になって手足をばたばたしています。

らんらんタイムはまぁいつ起きても一人でご機嫌なのでお母さんは大変ではないのですが
最近の恐怖は「ぐずぐずタイムが夜中にやってくること・・・」
基本的に夜中よく寝てくれるので親孝行なRyoですが、それでも週に一回くらい夜中にぐずぐずタイムが・・・。
二日前がそうでした。
日中ぐずぐずだと、私自身も精神的に余裕があるのか、
泣き叫んでいてもいろいろあやしてみたり抱っこしたりして相手ができるのですが
夜中に発生すると、結構精神的にまいる。
「何をうったえてるんだろう?わかんないよ~~!!」と母まで半泣きです。
それでも、毎日ではないので次の日には旦那にメールで愚痴ればけろっとしているのですが(笑)

これから先、ぐずぐずタイムがもっと増えて悩まされることもあるんだろうなぁ・・・
ま、今から心配しても仕方ないね。
そのときになったらまたブログで愚痴って発散します(笑)

人気ブログランキング


布おむつライフ
[生後15日]

妊娠がわかって、里帰り出産を決めた後。
うちの実家の母が張り切って準備したもの。
それがこれです。
Image158-1.jpg


布おむつ。えー、三十○年ものです。
そう、私が使っていたものらしい。
物持ちがいいのです。うちの母。
動物のレトロな柄が可愛い
布おむつ、使い込んだものの方が柔らかくなって赤ちゃんには良いみたい。
しまってあった私の布おむつを張り切って洗って準備してくれた母。
正直紙おむつか布おむつか、どちらにするかあまり深く考えていなかったのですが
布おむつがあるなら、それに、せっかく母親が取っておいてくれたおむつ。
大変とは聞くけど一度チャレンジしてみようとRyoは布おむつライフでスタートしました。
さすがにお古だけでは足りず、さらしで新しく作り足しました。

どうなるかなぁとは思っていましたが、
まぁやっぱり洗濯は大変です。(^-^;
新生児期のうんちは結構水っぽく黄色いので・・・

今は実家の母親が頼りになってます。
でも、紙おむつよりこまめに替えても気にならないというか。
汚れても早めにごしごししてあげるとそれなりに綺麗になるし。

布おむつも種類が多く、成型されたもの私がや使っている輪型など、
布おむつライフを送っている人も徐々に増えてきているみたい。
使い方や、より良い洗う方法はあるみたいで、もっと改良の余地ありだと思うけど
(そんな時ネットを駆使してリサーチしたいけど、今自分の体を休めるため極力自粛中だから・・・もどかしい)
今のところなんとか続けられそう。

あと、続けられるかな~と思っている理由が逃げ道として実は紙おむつも少し準備してあることも大きい。
友人から残ったものをもらったのですが、これが気分的に楽にしてくれるみたい。
どうしても大変なら紙おむつにすればいいじゃん!というスタンス。
夜とか、まだないけど外出時とかね。

育児、疲れてくると余裕がなくなってきますが
逃げ道を少しずつ作ってやればなんとか乗り切れるのかも。
私のまわりの先輩ママたちの教えです(笑)

梅雨明けした晴天のなか、うちでは毎日布おむつが真っ白になってはためいております。
気持ちいい~

人気ブログランキング

先輩ママは頼りになるわ!&出産レポート②(入院~出産)
[生後13日]

おむつかぶれに番茶がいいと聞きました!さっそく試してみます。
mai'smamaさんありがとうございます!

Ryoは昨日の夜と今日の夕方ぐずっておりました。
でも縦抱っこをしてあげるとちょっとおさまる。
あとネットで見たのですが「しーしー」と声を掛けてあげるとなぜか落ち着きます。
不思議。

本日夕方中学の時の友人が遊びに来てくれました。
彼女の結婚式以来だったから5年ぶりくらい。
すでに二人の女の子のママさんなので、話を聞いていると心も楽になることも多く
楽しい時間でした。きてくれてありがとう

さて、出産レポ続き。

7/19
[23時頃~]
旦那様到着。すでにこの頃5分間隔。
母親と一緒に、陣痛が来るたびに背中をさすってくれる。ありがたい。
陣痛がやってくると話ができないくらい痛い。
でも数十秒たつと、普通に話せるようになるから不思議。
この後、旦那さんは陣痛間隔を手帳にメモり続けてくれる。
しかし、睡魔も襲ってくるようで陣痛の間の短い時間にこくりこくりとしていたのがちょっと見えた。
一度痛みが強くなってきたように感じたので、看護婦さんに連絡。
内診してもらうけど、まだそんなに開いてきていないらしく病室に戻る。
陣痛間隔が3分くらいになったらまた連絡してとのこと。
陣痛の合間に必死で移動。

7/20
[2時頃~]
陣痛間隔が3分~2分半に。
ナースコールで連絡し、陣痛がおさまると同時に旦那と母親は置いて一人ですたすたとエレベーターに向かう。
だって、次の痛みが来るときっと立っていられないとおもったから(笑)
子宮口8cm開くらいとのこと。
そのまま陣痛室に通される。
旦那さんだけ一緒に入って母親は病室で待機になる。
産院からもらったガイドブックに載っていた呼吸法で痛みに耐え続ける・・・。
この時間帯は、「痛い~!」などと言うと力が入るせいかもっと痛くなるので
ひたすら呼吸を整えることに集中していたなぁ・・・。
この頃すでに旦那さんはかなりの睡魔と闘っていた模様。
途中で旦那さんが余りにつらそうなので、これがどれくらい続くのかもわからないし、
「仮眠を取ってきて良いよ」と何回か言うと、外のソファで横になっていたようです。
背中をさすってもらう(この頃はもう押す感じだった)と楽になるけど、正直つらそうだったので
見かねて・・・。でも外のソファでもあんまり休めなかったみたい。

その後ひとりで、呼吸のみに集中して陣痛に耐える時間が続きます。
吐き気も少しする。体ががたがた震える。
結局この後、ずっと同じ様な陣痛間隔が続くのです・・・。

その間何回か、痛みが強くなってきた気がして、内診をしてもらうのですが
赤ちゃんがもう一息降りてきていないらしい。
そのたびがっかりして陣痛室へ戻る。
先が見えないこの時間帯がいちばんつらかった。
どうすれば赤ちゃんが降りてくるんだろう?と思ったり。
とにかく腰が熱い感じがする。

[6時半頃]
そうこうしているうちに、破水。抗生物質の点滴を受ける。
このとき、陣痛間隔が徐々にく長くなってきていることに気がつく。
私の体力が落ちてきているらしい。
そこで看護婦さんと話しているうちに「もう子宮口は全開大だから、あとは赤ちゃんが降りてくるように
呼吸を深く吸い込んだ後息を止めるような呼吸に変えて」
といわれる。
これまで、必死にいきみをのがしていたのに!なんじゃそりゃ!?と正直思った。

看護婦さんに「抗生物質の後、栄養の点滴を打とうか?」といわれたが
どうしてか口の中から取りたいと思ったため、旦那さんに持参したゼリードリンクをもってきてもらう。
それをごくごく飲み(何で飲めたのかは自分でも不思議。食べないとだめだと思ったみたい。)
後ひとがんばりと気を持ち直し、教えられた呼吸に切り替える。
旦那さんも陣痛室に戻ってくれて一緒に呼吸法をあわせてやってくれていた。

[9時頃]
呼吸法を切り替えたあたりから徐々に陣痛が戻ってくる。

[9時半頃]
分娩室へ移動する。
分娩室へ行きましょう!といわれたときが一番嬉しかった・・・。旦那さんはいったん外に。
分娩室で助産士さんの指示通り服を着替え、準備。
分娩台にあがってしばらくするとこれまでで最大のいきみたい痛みが!
「痛くなってきました!」と伝えるが
「まだいき見逃して!ふっ、ふっ、ふっ~」と助産士さん。
無理~!と思いながら必死に呼吸するとなんとか遠のく。準備がまだの模様。
それを2回くらい繰り返したところでやっと準備ができたみたいでいきんで良いよ!と
助産士さんの掛け声に合わせていきむと頭が出てきたみたい。
あわてて旦那が分娩室に入ってくる。頭をなでてくれる。
やっと産める!と思ったのになんと今度は先生がまだ来ていないということでまたいき見逃し!

早くして~!!(心の叫び)

[9時56分]
先生到着後、結局もう一回のいきみで無事Ryoがこの世に誕生しました。
すぐに産声を上げたRyo。
涙が自然に流れました。
カンガルーケアをしてその後旦那と赤ちゃんと3人で記念撮影。
冷静に考えると分娩台に乗っているのですごい状況なのですが。
(しかも継続処置中)

そんなことはおかまいなく、本当に産まれてきてくれたんだね~と
とにかく感動していました。
旦那もカメラを持ってきたのに結局一枚も取らずに3人で顔を見合わせて過ごしました。
なんだかいろんなことが吹っ飛んで、とにかく産まれてきてくれてありがとうって気分。
直前まであんなにつらかったのにね。(笑)
その後、初乳をふくませて(ちゃんと飲めなかった)赤ちゃんは産湯へ。

出産は大変だったけど、本当に貴重な体験だったと思います。
本当に、無事産まれてくれてありがとう。

人気ブログランキング
Welcome

Profile

kito

Author:kito
2009年にムスコが産まれて、
コドモフク作りに熱中している今日この頃。
日々のことをゆるゆると。

Pray for Japan!

20110318_4365208m2.jpg
thanks! 
momoso@momosanpo**

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

Ryoの成長曲線

お問い合わせはこちらから☆

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブログランキング